話題の「モナコGP 観戦」とは!?

自動車

話題の「モナコGP 観戦」とは!?

モナコ。モンテカルロ。世界中の大富豪が集まるこの街で毎年F1レースが執り行われます。数あるF1レースの中でも街中を走り抜けるモンテカルロGPは特別なもの。モナコ公国国民3万人に対して観戦客は20万人と言われています。ドライバーの気合も十分です。一般道路を走るため追い越すのはとても難しく、予選タイムでポールポジションをとることが優勝するにはとても大事です。そのためタイヤを変えたりクルーも最善を尽くして予選タイムを競います。

まずは今は亡き天才F1ドライバーアルトンセナの運転でコースを一回りしてみましょう。

コートダジュールの高級リゾート地として名高いモナコの公道を閉鎖して設営される市街地コースであり、インディ500、ル・マン24時間レースと並ぶ世界3大レースの1つであるモナコGPが1929年より開催されている。
コース前半は豪華なカジノやホテルが立ち並ぶ丘陵部(モンテカルロ区)を上り下りする。海沿いのトンネルを通過し、後半はクルーザーやヨットが停泊する港湾部(ラ・コンダミーヌ区)の海岸沿いを走行する。1周は3.340kmと、現在のF1開催コースの中では最も短く、平均速度も160km/h程度と最も低い。
2車線道路を使用しているため、市街地コースの中でも特にコースの幅が非常に狭く、直線はほとんどない。19のコーナーがあり、そのほとんどがガードレールに視界を遮られたブラインドコーナーである。エスケープゾーンはあってもランオフエリアはほぼ無いので、わずかなミスでもリタイアに繋がりやすい。
レース中は合計4000回ものシフトチェンジが行われる[3]。マニュアルシフトの時代には絶え間なくシフト操作を行いながら、片手でステアリングを操るテクニックが要求された。セミオートマチックシフトの普及後も、片手操作が緩和されたもののガードレールをかすめながら正確なライン取りを維持する難しさは変わっていない。優雅な雰囲気とは裏腹に、ドライバーの技量や集中力が問われるドライバーズサーキットであり、ここでの1勝は他のレースの3勝に値すると言われている。
直線が少なく、中低速コーナーが連続するため、エンジンパワーよりもマシンのトータルバランスが重要である。空力セッティングはドラッグよりもダウンフォースを最重要視し、ウィングを目一杯立てて走行する。近年ではハイダウンフォース仕様の前後ウイングを装着するのが一般的であり、その他にもいくつかのパーツを装着してダウンフォースを稼ぐ手法もよく見られる。全区間一般公道であるため路面の摩擦係数は低く、各所にうねりや凸凹があるためオーバーレブを起こしやすく、エンジンのおいしい所を使い切るためのクロスミッション化とストレートの短さが起因のエンジン冷却問題も重なり、低速コースの割にはエンジン負荷が高くエンジンブローが起こることも少なくない。タイヤへの負担は少ないが、チームやドライバーには精密なサスペンションセッティングが要求される。

出典 http://ja.wikipedia.org

表彰式ではここならではのこんなエピソードも。

表彰式[編集]
モナコGPはモナコ王室が観覧する御前レースであり、かつては大公レーニエ3世と大公妃グレース・ケリーがオープンカーでパレード走行を行っていた。レース後の表彰式もロイヤルファミリーが出席するため、他のグランプリとは手順が大きく異なる。
ホームストレートのスタート地点付近に2階建てのロイヤルボックスがあり、階下に表彰ステージが設けられている。
レース終了後、4位以下はピットの車両保管所にマシンを止めるが、1~3位の3台はロイヤルボックスの前にマシンを停める。ドライバー3名はコースから階段を上って表彰ステージに立つ。
ロイヤルファミリーの前に3名が並び、プレゼンターである大公(現在はアルベール2世)からトロフィーを受け取る。
シャンパンは表彰ステージ上で開封してはいけない。シャンパンファイトはステージからコースに下りてから行い、ステージ方向へシャンパンを向けることは厳禁。
表彰台に関しては、大公よりも高い位置にドライバーが立つことが失礼であるとして、特別な台は設けず表彰ステージの最前列に、通常の表彰台と同じ配置でドライバーと優勝コンストラクター代表者が整列する。シャンパンに関しては、大公夫妻にシャンパンがかからないようにするため、大公の目の前での乱痴気騒ぎは失礼にあたるため、である。一国の元首から栄誉を称えられるというところも、このレースの優勝が価値あるものと見做されている理由の一つである。
1987年の優勝者アイルトン・セナは、事前にチーム側から上記の注意をされていたが、モナコ初優勝の喜びにそのことを忘れ、トロフィー授与終了直後にステージ上でシャンパンを開封した。さらに、背後にいたレーニエ3世らロイヤルファミリーに向かってシャンパンをかけてしまい、式典終了後に各方面からお叱りを受けた。
2009年の優勝者ジェンソン・バトンは手順を知らず、ウィニングラップ後ピットに戻ってしまった(後にマーシャルの誘導ミスと判明)。バトンは車両保管所でそのことを知らされ、ホームストレートを駆け足で表彰ステージに向かった。

出典 http://ja.wikipedia.org

懐かしいレースから。ルノーのトップだった現日産の社長カルロス。ゴーンもチラッと登場します。お見逃しなく。

少しでもレースの雰囲気を味わってください。この音たまりませんねー。

それでは2016年のレースをたっぷりお楽しみください。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ